初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 投資信託で得られる利益を考えるには?

初心者の方でも中級者以上の人でも利益がどれくらいかは気になることです。投資信託を実際に始めてみようと思い立ったとき、まずどうやって利益を得るか考えますよね。
投資する目的は、定期の低金利の利息だけでは物足りないからですよね。投資ですから当然に利益を出さなければなりません。増やすためなのですから、預けて任せているとはいえ、その利益が得られる仕組みがはっきりしていないと不安で仕方ないと思います。増やす仕組みが説明できないのであれば心配になるのも当然です。

初心者であれば考えてしまいがちなことがあります。利益を得るには時間をかけて勉強しなければならないんじゃないかとか、ある程度は専門的な知識が必要なのではと思い込んでいますよね。また、特別な手段を用いなければならないのではなどと、そんな余計なことを考えるものです。
ここでは、そんなあれこれと気を使う投資信託の初心者の方の為に、利益について書いてご説明します。

投資信託の損失はこうです。購入したときの基準価額より分配金が少なくなれば損ということになります。一方の利益は、分配金と基準価格の値上がりによって発生します。投資信託会社の決算の際に、投資信託の運用の成績に応じて分配される収益金が分配金です。
この分配金以外にもあります。投資信託のポートフォリオ(金融資産の構成など)に組み込まれている株式などが値上がりした場合には、投資信託の基準価格が上昇します。それを換金することで、購入価格との差額が発生するので、それを利益として得られることになります。

どう言った有価証券(株券、債券など)を組み入れるか、それは利益を得る上で重要です。投資信託の利益率の動向は、それに大きく影響されます。
一般的に言うと、?債権、?不動産、?株式の順番ですね。その順で高くなっていくとされています。でも急激な変動があります。
流動性の高い短期証券などで運用するMMFや元本の安全性が高いMRFなどと言ったファンドは、元本が保証されますが、少額の利子ということなります。
株式ではどうでしょう。短期間に高い利益を期待できますが、損失も大きくなることがあります。ですからよくハイリスクハイリターンだと言われます。
初心者にはハードルが高いように感じますが、少額からでも投資ができる投資信託は、ハイリスクハイリターンでも投資額自体を低く設定してあれば損失は限られますから、問題は少ないのではないでしょうか。

投資信託協会では、リスクとリターンの大きさなどを表す『RR分類』と言う指標を出しています。安全性と収益性を計るには有益な指標です。公表しているので、参考にしてみてください。役に立ちますよ。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション