初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル さまざまな投資信託商品

「投資信託を売却する」「投資信託を購入する」と言った表現を目にします。インターネット上でも多いと思います。それは投資信託について情報を集めている人でなくても感じるでしょう。
初心者の方の中には変に思う人も多いのではないでしょうか?
どういうことかと言いますと、投資信託と言うのは、投資を信託すると言う手段なので、誰かに運用してもらうのであって、それ自体を売ったり買ったりするのってちょっとおかしいんじゃないの、と初心者の一部の方は考えてしまうものなのです。そう思いがちです。

投資信託は、金融商品なんですよね。
いろいろな金融商品をセット販売している。売っているものはセット販売商品なんです。

投資信託にはいろいろあるんですが、例えば、株式を中心にセットで売られているものは「株式型投資信託」です。投資信託の中でも「株式型投資信託」は一般的です。債券(債権ではないです)を中心にセット販売されているものは「債券型投資信託」です。「バランス型投資信託」という名前を見たことがあるかもしれません。株式も債券もミックスされていたらそう言う風に呼ばれているんです。

もっとも、一言で「株式型」と言っても、国内のものか外国株式である国際ものなど、いろいろあります。たくさんの種類があるので、イマイチピンとこないと言う初心者の方もいらっしゃるでしょう。

でも安心してください。
株式型の中でもはっきりと区分されていますよ。

販売会社等によっていろいろなんですが、例を挙げますと、「国内株式型」と呼ばれているものは、おもに国内の株式で構成されているセット商品です。中身が大型株ばかりなら「国内株式型(大型株型)」、中型・小型株なら「国内株式型(中小型株型)」、店頭登録株なら「国内株式型(店頭株型)」です。わかりやすいのではないでしょうか。

もちろん、これは株式だけではありません。公社債などの債券やミックス型も同様です。

以上のように、セット商品を運用部のファンドマネージャーが選択し、しっかり運用することになるのです。このように投資信託は成り立っているのです。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション