初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 株式投資信託などの分類

一口に投資信託と言ってもいろいろ種類がありますね。バランス型、国内株式型、国際株式型などです。投資信託を始めようとする初心者にとってはその分類を知っておくとよいです。将来は必須情報になるかもしれませんよ。
分類の仕方はいくつかありますが、証券投資信託を投資対象別に分類すると、2つに分けることができます。
それは、まず、公社債(公債、社債)や短期の金融商品だけで運用し、株式については一切組み入れることなく運用する「公社債投資信託」です。金利や物価が変動要因になります。
二つ目は「株式投資信託」で、株式を組み入れて運用するもののことを言います。経済の先行きや政治状況、市場(閉鎖を含む)などの変動要因があります。

株式投資信託には、公社債、外国債を組み入れることもできます。そして、組み入れるか入れないかは自由で良いのです。一方、公社債投資信託の方はそういう自由さがない点で、制限がある、厳しいということになります(詳しくは投資信託法施行規則を参照してください)。

株式投資信託という分類では、資産の一部に株式を組み込むことができるものも、現在組み入れていなくても、株式投資が可能なものであれば入ることになります。
投資信託に関して詳しくない初心者は、これらを覚えておくといいでしょう。

公社債投資信託と株式投資信託ですが、この二つには大きな違いがまだあります。
税法上の違いです。公社債投資信託の場合は、所得の区分が「利子所得」になりますが、、株式投資信託の場合は、所得の区分は「配当所得」と言うことになるのです。
これを見てもわかるように、公社債投資信託の場合の方が、自由度が低いので、投資基準が厳しく設定されていると受け取れます。
投資信託初心者にとって、どちらの分類を選ぶかは難しいのですが、いちお基準にしてみてはどうでしょう。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション