初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 投資信託を解約するにはどうしたらいいか?

投資信託初心者は、利益がどれくらい得られるか一番気になるでしょう。でも投資信託を始めることから終わることまで気にしなければなりません。投資信託の一連の流れを頭に入れておく必要があるのです。
めったにないことですが、投資信託を始めたものの、状況・事情が変わって、どうしてもまとまったお金が必要になってしまったというような非常事態が起こることもあるからです。
申し込み時点に考えていた運営方針に違いが出てくることもありますよ。そういうときは、投資信託を解約しなければなりません。
換金目的とする場合には、買取と解約(換金)手数料が発生する解約があります。

投資信託初心者が覚えておかなければならないのは、株式を単位分売買するのとは違って、投資信託は一人の投資家から成り立っているものではないということです。
あなた一人が申し込んだ投資信託を解約をしても、他の投資者・投資家は持ち続けている(保有継続)のです。
そのため、解約したお金は、その投資信託に既に組み込まれている株式や債券を売却して確保することになるんです。

当然株式や債券の売却のための費用が掛かります。投資信託解約者がその分を負担しなければならないのです。
基準価額の0.3%程度が一般的です。この金額がペナルティとして基準価額から差し引かれます。その残りが投資信託解約価額として手元に戻ってくるお金ということになるんです。

ペナルティと言うと嫌な感じですが、投資信託初心者はこのようなペナルティ制度があることを踏まえた上で購入しなければならないのです。
これらを認識することで、複数の投資家が投資する環境作りから投資信託の公平さを保つことができるのです。信託財産が安定して保有されることになるわけです。

こうして投資家は、投資信託を購入した販売会社を通じて投資信託の解約手続きを取るわけです。参考にしていただければ幸いです。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション