初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 投資信託とファンドの違い

初心者の方が投資信託の意味を理解し、更なる情報を集めようと試みた場合、数多くの場面で一つの単語を目にすることになります。
その単語とは「ファンド」です。

ファンド、これは資本をあらわすこともありますが、投資信託のことをファンドと呼んでいます。同じ意味でとらえることが多いです。同義語として書き記してある場合が多いです。初心者の方は投資信託イコール「ファンド」として学んでいくといいでしょう。そのうちファンドがどういうものか分かりますからね。その方が分かりやすいのではないでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃると思います。そうです。実際には投資信託とファンドは全く同じ意味ではありません。
ややこしくなりますが、正確に言うと、投資信託はファンドの中の一つなんです。ヘッジファンドや運用ファンドという言葉を見聞きした方も多いと思います。

ファンドとは、投資家から資金を集めますよね。資金がまとまったら証券会社や投資信託会社などの専門機関が運用を代行するわけです。ファンドはこの運用する金融商品のことを指すのです。これ自体、投資信託としていいわけです(定義と同じなのです)が、ファンドはより広い意味で、投資信託以外にもたくさんの商品が存在します。
 
投資信託は、株式や公社債に投資するものだと思われる方がいらっしゃいます。そうなんですが、いろいろな分け方があります。ここではおおまかに二つに分けます。公募投資信託と私募投資信託です。公私の別があるんです。
対象者が違います。公募投資信託は一般の投資家ですが、私募投資信託は少数の超大金持ちや機関投資家を対象とします。どちらも不特定多数を相手にする投資信託ですね。

この他にも特定金銭信託や特定金外信託など、各カテゴリーに特化したものがあるのです。このように、ファンドにはいろいろあります。
一例を挙げましょう。一般投資家からお金を集めて、音楽CDを出して、発生した利益を投資家に配分すると言うのもファンドなんです。ヒットすればいいです。これはミュージックファンドと呼ばれています。
その他には映画やワイン、ゲーム、アイドルなども対象となります。

これらの商品の中の一つ一つが投資対象であり、全体として投資信託ということになります。

いろいろ書いてきましたが、余計分かりにくくなったらすみません。初心者の方には区別がつきにくいかもしれません。投資信託はファンドの中の一部、その一つだという理解、認識をしておけばどうでしょう。初心者の段階では十分で間違いないと思います。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション