初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者でもできる上場投資信託

投資信託の中には、その価格が平日に連日公表されている株価指数や商品の価格、指数などと連動するよう、上場されているものがあります。たとえば「TOPIX連動型上場投資信託(東証:1306)」です。
ご覧いただいたように、名称は『上場投資信託』です。
正式名称を「株価指数連動型上場投資信託」と言います。それではETFはご存知ですか?上場投資信託です。同じことなんですね。ETF(Exchange Traded Fund)と略される場合が多いようです。

上場して連動しているので、東証や大証などの市場での取引が可能となっています。

連動する指数はTOPIXや日経平均株価です。よく知られていますね。ニュースなどでも出てきます。株式取引などでよく出てくる定番と言われるほどの著名な指数なので、経験のある方や新聞のどこにあるか分かるような中級者以上といったその方面の知識がある方にとっては、ああ分かるというような、馴染みのある取引となることでしょう。

普通のノーマルな投資信託は、投資家から資金を預けられると、受益証券が発行されます。ETF(株価指数連動型投資信託受益証券)ですね。これらの上場投資信託の場合は、大口投資家からユニット化した現物株式が拠出された場合に受益証券が発行されます。一般の投資家は彼等が放出した受益証券を取引するシステムになっているのです。

東証など、著名な市場で取引されるので、売買する際は通常の投資信託よりもコストが安いです。信託の報酬も安くなる場合が多いです。
コストを抑えたい、そういう人は有効な金融商品といえるでしょう。

投資信託なので、基本的には運用する会社に全面的にお任せするのですが、申し込みなどの手続きは、インターネット上で利用できる証券会社で広く取り扱っています。株の売買と同様に簡単に行なうことができます。

運用に関わる費用が少なくて済むのは利益を出しやすい、あるいは上げる利益が増すわけですね。株式と同じ程度の手数料であれば、有望です。更に、簡単にリアルタイムの情報、タイムリーな情報を集めやすく、立会時間中ならいつでも売買ができるのです。ですから、かなり有効な投資と言えると思います。どうでしょうか。検討する価値はありますね。

初心者の方には株式の方がなじみがあるかもしれません。慣れないと少し難しいかもしれません。ですが、大金を扱うわけではないので、初心者だからといってできないとか、全く手が出せないということはありませんよ。

このように、上場投資信託は、初心者から中級者、上級者まで、幅広く利用されている。それが現状です。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション