初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者にとっての株式投資信託

運用のプロに委託する商品が投資信託ですが、その中でも、「株式投資信託」は、おもに株式によって運用する投資信託のことです。

株の値段は新聞に出ます。毎日刻々と動きますから変動しているのは良く分かるでしょう。収益もそれに連動して変動するものです。
元本の保証はありません。ですからリスクがあります。ハイリスクハイリターンの部類に入るんですね。
ただ、自分で投資の判断のための分析を行うわけではありません。投資する株式の銘柄を決めるのとは違って、その道の専門のプロ、資産運用会社が銘柄を決定するわけですので、分析に必要な知識を勉強しておかなければならないわけではありません。即時に使えるよう覚えると言う必要はありません。

個人にとって株式投資信託の大きなメリットは何でしょう?限られた少額の資金で分散投資を行えることでしょう。
分散投資は、たとえばこういうことです。トヨタ自動車を2千株だけ保有するのではなく、三越伊勢丹ホールディングス千株とトヨタ自動車千株保有するものです。一つの銘柄に集中して投資を絞るのではなく、2種類以上、複数の銘柄を投資の対象とすることです。一つの銘柄に集中すると、たとえば円高が進行して輸出関連企業が利益を落とすような事情が発生したとき、そのような会社だけに投資しているとさんざんな目に遭うのです。ですから他の業種も投資しておけばトラブル発生によるリスクを軽減させられるのです。よく知られた投資法です。
もちろん、たくさんの銘柄に投資するにはそれなりに資本がいります。低価格のものでも売買単位が多ければそれだけの分の資本が必要となります。千株や百株単位が通常ですが、投資信託の場合は1万円単位と少額でも投資できます。
これなら資金の少ない方、初心者の方にとってはありがたいことです。やりやすいと言えます。

プロの力を少額資本でも借りることが出きるというのは資産を確実に増やしたい人にとっては強みです。
餅は餅屋、株は証券会社と言うように、その道のプロですから、どのような分野にしても、プロの力に頼るとき、あるいは専門の知識を利用する場合には、それなりに報酬が必要となります。高いか低いかはそれぞれの評価によるかもしれません。
弁護士や探偵などの報酬もそうです。長時間拘束するわけですから、それなりに報酬・料金を支払わなければなりません。インターネット上のサイトなどを見ると、料金が掲載されています。それらを見ると顕著にわかるかと思います。
株式投資信託の場合は、最低1万円などと少ない金額の資本でその力を借りることが出きるのです。
初心者の方にとって大変お徳なのかもしれません。便利な点ですね。

それから、先進国だけでなく、発展途上国など、世界中のさまざまな会社の株式を投資対象とできます。ですからその種類は豊富です。圧倒されるほどです。
個人でもインターネット上で海外の株式情報を収集することもできます。海外の電子新聞を見られますからね。でも一人の目では限りがあります。そんな中、新鮮な情報に接して投資するのは困難です。費用を考えると、不可能に近いのではないでしょうか。
株式投資信託だと、プロ集団にやってもらえます。そういう意味で容易に行えるというわけです。

株式に興味があるけど、その会社を選ぶか悩んでいるとか、どう言った銘柄の株を買えば良いかよくわからない、などと言う初心者の方には、玄人のやり方を学べる株式投資信託は、けっこうお勧めできます。いい投資法の一つですよ。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション