初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者が知るべき投資信託の分配金

投資信託によって得られる収益は差益です。でもそれでは少し舌足らずですね。基準価額が値上がっていた場合、利益が出ます。あと分配金ですね。基本価格の値上がりによる利益分と重要視される分配金というわけです。

分配金(預けている間無分配とするものは別にします)とは、証券会社や投資信託会社などのプロ集団(専門機関)が、投資家より信託された資本を使って行った運用によって得た収益(一部、若しくは全額)を、決算ごとに(投資家に対して)分配するお金のことです。
投資家のみなさんから預かったお金を運用して得た利益をみんなで出資に応じて分けるというものです。初心者の方にもわかりやすいですよね。

分配金は出資した受益証券の口数に応じて支払われます。ですから、口数が多いほど多額の分配金を得られることになります。もちろん、運用がうまくいかなかったときは分配されません。
支払いの方式は、以下の3つのケースが挙げられます。?収益をそのまま分配金として支払うケース、?収益分を同一ファンドに再び投資するケース、??と?を投資家本人が選択できるケースです。他にもありますよ。

追加型株式投資信託には株式投資信託と公社債投資信託があります。この場合、分配金が二種類あります。

分配落ち後の基準価格が投資家の元本を上回る部分から支払われる分配金が一つ目です。普通分配金です。なお、この普通分配金は、課税の対象となります。税金が課せられます。

もうひとつは特別の分配金です。課税の対象とはなりません。分配落ち後の基準価格が投資家の元本を下回る部分から支払われる分配金です。元本の払い戻しということになるのです。

ファンドが生み出した収益を分ける分配金は、ファンドごとに異なっています。分配金をたくさん出すファンドは当然のことながら投資家に人気が高いです。
最近では、毎月分配金を出すという投資家を喜ばすファンドも増えてきました。
投資家というか、初心者の方にとっては、分配金が出る、利益が多く出るというのはわかりやすいですね。期待もしやすいことになります。分配金を参考にすることは多いです。ファンドを決定する要因になることが多いようです。

でも安易に喜んでいいものでしょうか?分配金を支払うことが多い、頻度が高いからといって必ずしも良いとは限らないのです。「それはどういうことでしょうか?」当然そんな疑問が出ますね。
分配金を出すと、ときには損をしてしまうことがあるのです。分配金を出したら、その分基準価額が下がるのです。また、その際に手数料がかかったりするのです。

初心者の方は、目先のメリットに注目し一喜一憂しがちですが、以上のデメリットもしっかりと把握することが大切です。その上でファンドを選ぶことにしましょう。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション