初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 投資信託の手数料などのかかってくるコスト

投資信託は、資本を出す人に代わって資産(資本と同じこととします)を運用してくれる証券会社や投資信託会社に(資本を)委託することで成り立つもの(金融商品)です。
運用をプロに任せる訳で、契約するわけですから、そこには当然のごとく手数料が発生します。ですが、比較すると、その手数料は銀行などへ預ける預貯金や株式投資、為替投資の際に会社へ支払う手数料よりも高めではないでしょうか。高くなるのが普通です。
更に、手数料の他にも様々なコストが掛かってきます。どのようなものでしょうか?
不安にならなくてもいいです。これからそれらを御説明しましょう。

まず、購入時にかかるものです。販売の手数料、それに消費税です。相手が課税業者なら普通です。掛かるものを値切るのはやめましょう。納税は国民の義務です。
販売手数料はファンドによっては違います。無料となるところもありますが、相場としてはそうですね。基準価額の1%から3%程度と言われています。
消費税についてはよく知られているので省略します。

次に、換金時です。この時点にもコストは発生します。
信託財産留保額(信託期間の途中で換金する場合)や換金手数料は、受託する会社によって取る、取らないの違いがありますので、事前に確認してください。気になる人は確認する必要があるでしょう。
換金時には消費税のほかに、利益が出た場合には課税対象になります。個人の所得に課される所得税や住民税が掛かるのです。
これらは他の投資手段でもだいたい同じです。

ほかにもあります。信託財産から差引されるコストです。?募集手数料、?信託報酬、?売買委託手数料です。
募集手数料は、投資家が投資信託を購入するときに支払うもの(費用)で、消費税も掛かかってきます。
信託報酬は投資家が負担すると言うものです。投資信託の運用費用の一部になるわけですね。
売買委託手数料は売買注文を委託する為の手数料です。証券会社に支払うものです。

これらのコストがどれほど掛かるかと言うのは、純利益を出すときに非常に重要です。
特に初心者の方であれば、概算とか利益だけに、あるいはただ単に購入時の料金にだけ目を奪われがちです。
そう言った初心者の方は、思っていた以上に費用がかかること、気が付かない間に損をしている可能性があることを知らないことになります。
全てしっかり把握することは重要です。損益をどう計算するか、どれだけの利益を出せばトータルでプラスになるのかなどをしっかり理解しておきましょう。任せきるだけではよくありません。
初心者だからこそ、一から学ぶことができます。こう言った知識を得る努力は惜しむべきではありません。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション