初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者が考えなければならない投資信託の売却

投資信託は運用を任せるわけですから、株式を一日のうちに売買を成立させて終わりというものではありません。為替のデイトレ-ドのように、すぐに決済するような、買ってもすぐに売る、売ってもすぐ買うというような超短期取引は行わないものです。
投資信託においては、たいてい中期、長期です。中長期にわたって保持・保有していくことになります。
もちろん、償還まで保有しておかなくてもいいです。途中・中途の段階で売却してもいいのです。換金しないわけではありません。そういうケースも絶対ないとか少ない訳ではありません。

実際、投資信託は、どうやって売却すればいいのでしょうか?

投資信託の売却は、銀行など金融機関等の販売会社の窓口に行けばやってくれます。もちろん行かなくてもできるでしょう。電話やインターネット上で申し込むことが出きますよ。
初心者の方でも考えているより難しくはありません。
受付時間内であれば申し込んだファンド名と口数、解約代金の入金先を申告すればいいんです。簡単ですよね。それで売却が成立するのです(相手が承諾したらです)。保護預りにしているときは、預り証と届出印を用意してください。
入金は即日と言うことにはならないかもしれませんが、しばらく待ってください。

その際に注意しなければならないことは何でしょう?
売却方法は二つあるのです。その存在を知っておかなければならないでしょう。
一般的な「解約請求」と、販売会社に受益証券を買取ってもらう「買取請求」の二つです。

信託財産の一部を解約すると言う方法が「解約請求」ということになります。
ファンドの信託元本が減少するという特徴があります。
基本的には、こちらを選択する事になります(売却)。

換金を希望する投資信託を販売会社に買い取ってもらう方法が買取請求です。
この場合、ファンドの信託が減る(減少する)ことはないのです。
買取請求では、クローズド期間など、解約が出きない期間に売却しなければならないということになるのです。

売却にはコストがかかります。税金が掛かります。買うときだけでなく、売るときのタイミングも重要です。間違えば損します。そういうとき後悔もするでしょう。
売却のタイミングを見逃すことは少なくありません。できうるかぎり研究、学習して、後悔しないようにしましょう。
初心者の方にはいずれにしても、難しいかもしれません。
元本は保証されないなど、結局は、購入者自身の責任です。自分が培った判断力次第ということになります。ですから、初心者の方は、売却するタイミングについてもいろいろと日頃から勉強しておきましょう。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション