初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者が知らなければならない投資信託のこと

今は低金利ですから定期にしようと思っても利息なんか税金を取られると微々たるものですよね。新聞や雑誌を見ていると『投資信託』と言う言葉を目に耳にしたことがありますよね。もう利用していますか?
最近、金余り日本と言われているので、頻繁に使われている言葉のようです。なので、見たり聞いたりした方もたくさんおられるかと思います。

投資信託についておさらいしてみましょう。まず「投資」と「信託」に分けましょう。少しご説明します。

投資とは、現在の資本(普通は余裕のある自己所有のお金)を投じて、将来的に資本を増やしたいという意思のもとに、お金を投じていく(捨てるわけではありません)行為の事です。
投資先にはさまざまです。いろいろな対象があります。例えば、土地・マンションなどの不動産、円ドル、ユーロなどの為替、株式、などと言ったものは投資の対象ということとなります。

投資の指示

モノだけに投資すること以外にもあります。人間も投資の対象となり得ます。
実績がなくても、才能のある人間にお金を掛けることはあります。そして自分の元に来させて生活の面倒を見たり、成長させたりするのも立派な投資です。投資と言う定義に当てはまります。
つまり、高校生や大学生などを指名するプロ野球のドラフトがそうです。あれも投資の一つなんですね。

そして信託です。○○信託銀行などと言いますよね。信託は、投資家たち(個人だけでなく、法人もあります)が資産運用会社に資金を預けて増やしてもらう行為を指します。

「投資」と「信託」を複合させたのが、投資信託です。

投資信託とは、証券会社や投資信託会社などの専門機関が信託された資金を使って国内や海外の株式、国債などを売り買いして利益が出たら運用益を資金を出した人に渡すというものです(一例ですので他にもいろいろあります)。資産をその道のプロに運用してもらうわけです。さまざまな対象に投資することでリスクを軽減することもできます。その運用によって発生した利益、余分に発生したお金を投資家に分配するというわけです。投資信託は元本保証である預金ではありません。金融商品ですから損失が発生することもあります(契約により異なります)。投資家にはリスクを説明しなければなりません。

少しややこしくなりました。つまり、自分がしばらくは使い道のない貯金を、専門家、プロである運用会社に預けて(運用する会社に預けて)資金を運用してもらい、利益が発生した場合にはその一部をもらう権利があると言うシステムです。利益はすぐにはもらわず、再び投資してもらうことが多いです。

近年、お金あまりのせいか、投資信託がブームとなっています。自分で投資する自信がない人は任せるのもいいでしょう。特に初心者の方が急増しているようです。
それはデイトレーダーになる自信も知識もないからでしょう。資金を預けるだけの簡単さがあるし、運用に必要な専門の知識を必要としないからです。
しかし、実際はどの会社に預けるのが良いのかを見極めなければなりません。運用成績が悪いところに預けても運用益が期待できませんよね。そういうところはしっかりと勉強してから投資信託する(購入する)のがいいでしょう。好ましいでしょう。
初心者だからと言って、恥ずかしくなることはありません。初心者専用のハンデがあると言うわけでもありません。みんな最初は同じ条件なのです。聞くは一時の恥と言いますよ。

投資信託とは、信頼できる運用会社に利益を出してもらうことになります。信頼できるか見極めることは投資することと同じです。自己責任です。そのことを常に頭に入れておきましょう。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション