初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 投資信託にかかる税金(手続き)

投資信託を経験していない(または1回はある)初心者が知っておかなければならないのは投資信託にかかる税金です。利益が出れば必ず支払わなければならないわけですからね。
投資信託の特徴としては、分類ごとに税金の取り扱いが変わっていることです。ややこしいかもしれませんが、それぞれの税金を知っておくことは必要ですよ。

投資信託の税金については、次のように分類ができます。
まず、契約型投資信託か会社型投資信託かに分けられます。そして、契約型投資信託には公募契約か私募かに分けられます。
投資家の分類もあります。個人投資家なのか法人投資家なのかです。
株式投資信託か公社債投資信託かでも違います。
これらは投資信託にかかる税金としてかわってきますので、初心者にとっては、注意しなければなりません。

投資信託の税金がかかるのは、売却するときはもちろんですが、分配金が支払われるときもあります。
状況と、投資信託の分類により、徴収される税金の金額、税金の区分が変わってきます。
また、定められている税率については、優遇税率でした。
現在は、利子所得課税、配当課税、譲渡益課税に関しては、20%(所得税15%.住民税5%)です。つまり、公社債投資信託での収益分配金については、20%が源泉徴収されることになっています。
公募株式投資信託は10%(所得税7%、住民税3%)です(平成21年3月末まで)。


投資信託の初心者にとっては、利益ばかりに目がいきがちですが、かかる税金、そしてその手続きも忘れてはならないですね。誰もがやらなければならない作業の一つとなっています。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション