初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者にとっての投資信託のポートフォリオ

自分で資産を運用すると言っても簡単ではないですね。いくつかの重要なことが存在します。
運用する場合に特に重要とされているのは何でしょう?それはポートフォリオの作成です。
ポートフォリオと言うと何やら難解なことではないかと思いますよね。大丈夫です。この後すぐに書いてみます。初心者の方には、あまり馴染みのない言葉でしょう。知らないだけで、ああそういうことかと、すぐに理解できるかもしれませんよ。

分散投資ってご存知でしょう。株式だけでなく、国債や社債、金、外貨預金などさまざまなものへ投資するわけですね。同じ金額でも投資対象を一本に限定しないわけです。ポートフォリオとは、投資対象の金融商品をいろいろ組み合わせるのです。そのことを指しています。
分散投資を行う場合、どういう割合で行うのか?どの金融商品、どの会社を選ぶのか?どう組み合わせで、それらの資本にそれぞれ何%を投資するのかなど、組み合わせによっては、結果である収益は大きく変わってきます。
その割合、数、銘柄、さまざまな条件、組み合わせなどの総合プランをポートフォリオと呼んでいるのです。
一般的には、ポートフォリオを資産管理、資産の運営管理と言うような言葉を用いて説明されることが多いようです。

投資を始めて行う初心者の方にとっては、個人でも資産管理は簡単にはいきません。とても難しいと思います。
どう言った会社が将来発展するかとか、どの分野に投資して良いかなんて分からないと思います。投資を始めて最初の頃は固い企業や超優良の大企業に投資したがります。まったく分からないですし、株式以外の社債や国債にしても、それらをどう組み合わせれば利益が出やすいか、あるいはリスクが少ないか、などと言ったことは、プロでも難しいことです。ある程度経験を積んだ方でさえ分からないものです。誰もがすぐに理解でき、実行できれば、みんなが利益を出すことになります。でも実際はみんなが得することにはなりません。たいていはほとんどの方が損をするのです。

投資信託の場合、一般の方はプロに任せるわけですが、どの投資信託をどのように組み合わせるかと言うことを知るのは重要です。どのような配分、割合をしているかチェックすることとなるからです。
初心者には今後の経済動向を予測するのと同様のハードルの高さがあります。一筋縄ではいかない、あるいはとらえどころがない感じですが、投資手段を行うにしても、どのような計画を実行するか、事前に計画を練ることは重要です。そこの部分をおざなりにすることはできません。その部分をおろそかにしてしまうと、落とし穴に嵌ってしまう危険があります。

投資信託は、基本的に運用を委託するのですから、お任せになります。ですからとても楽なんじゃないかな、と考える人が多いかもしれません。ですが、見る目が重要です。見極めのことです。投資信託を委託する商品を厳しく選別・選択する時点で勝負は始まっているのです。

後悔のないようにしなければなりません。あまり熱くなりすぎないように、あるいは頭から煙を出す勢いで計画を練ることはいいことです。できるだけ万全なポートフォリオを作成できるよう努力しましょう。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション