初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者にとっての郵便局の投資信託

投資信託は、もちろん郵便局でも販売しています(今の正式名称はゆうちょ銀行ですね)。
民営化されたと言っても郵便局です。2005年の10月から販売を開始した郵便局の投資信託は、人気が高いようです。それは安全安心のイメージが浸透していたからでしょう。イメージによる影響は大でしょう。
高齢者、お年寄りで投資の初心者の方は、郵便局に絶対的な信頼を寄せている方が多いようです。そのような初心者の方は、身近に感じる郵便局の投資信託を選ぶ確率が高いんじゃないでしょうか。銀行と違ってとっつきやすいからでしょうか。

民営化された郵便局ですが、投資信託については、どのようなものがあるんでしょうか?ラインナップは?何種類の商品があるのでしょうか?

現在、郵便局では、株式に投資する投資信託については、七種類の投資信託が販売されています。
?「野村世界6資産分散投信」。
投資対象は株式で、安定コース、分配コース、成長コースがあります。対象地域は世界全土なんです。

次に?「大和ストックインデックス225ファンド」です。
これも投資対象は株式で、ストックインデックス225、マザーファンドなどに投資します。対象地域は日本国内となっています。

?「GS日本株式インデックス・プラス」。
これも投資対象は株式、債権、リートで、おもにGS日本株計量運用ポートフォリオマザーファンドに投資します。対象地域は日本国内です。

?「住信日本株式SRIファンド」。
これも同様に投資対象は株式です。住信SRIマザーファンドなどに投資します。対象地域は日本国内となっています。

?五つ目ですね。「日興五大陸株式ファンド」です。投資対象は株式で、「海外株式インデックスMSCI-KOKUSAI(ヘッジなし)マザーファンド」「海外新興国株式インデックスMSCIエマージング(ヘッジなし)マザーファンド」などに投資します。対象地域は日本を除く、世界の先進国や新興国です。

「日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)」は「日興五大陸株式ファンド」とは投資対象が異なり、こちらは債権です。

?最後ですね。「DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)」です。
投資対象はリート(不動産投資信託、REIT)で、対象地域は世界全土です。リートは不動産に投資するのですが、管理する不動産からは賃貸するので、賃料収入が得られます。投資したリートを売却すると、利益の一部を配当として投資家に分配することになります。

以上の中で特に人気なのは「野村世界6資産分散投信」です。郵便局の投資信託でしか購入できないものです。
初心者の方は事前にしっかりと情報を収集しましょう。今はインターネット上などで簡単に入手できます。自分にどう言った条件の投資信託が合っているのか、事前に確認してみましょう。それから検討しても遅くはないですよ。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション