初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 初心者が知るべき投資信託に関わる会社

投資信託は、ゆうちょ銀行・イーバンク銀行などの金融機関、野村證券・マネックス証券などの証券会社などで購入できる金融商品ですね。
そういったことから、そういう日本の大企業、大会社の社員が運用している。銀行、証券会社、郵便局と言った機関にいる投資信託会社の運用担当者であるファンドマネージャーがすべて行っている、と初心者の方は考えがちです。でも実際はそう言う訳ではないのです。

投資信託には、以下に取り上げる三つの金融機関が関与しています。販売会社、運用会社、資金管理会社というわけです。
ひとつ目の会社は、窓口にあたる販売する会社です。投資信託の商品を販売する役割を担っています。さきほど示したような銀行(郵便局を含みます)、証券会社などは、この販売する会社に該当します。

それから運用を任された(信託された)資本を実際に運用する『運用会社』です。
よく責任者として出てくるファンドマネージャーがいる(所属する)投資信託会社はこの運用会社に該当するというわけです。

三つ目が投資家のお金を管理する重要な役割を担う『資金管理会社』です。
資金管理会社には、信用を売り物にする信託銀行などが該当します。

投資信託が三つの金融機関によって関与されているのは、信頼と安全の為なのです。重要なことです。他人同士が大切なお金を預け預かるわけですからね。

投資信託とは、投資家の大切な資本を預かることが前提条件となっている商品です。
他人の預けられたお金を使って利益を出すよう取引を行うわけです。投資家の視点から言うと、自分の大切なお金を他人に渡して使われていることになります。利益を分配できなければ信託する意味はありません。

ひとつの会社が無責任に運用すれば、他の会社でもそんなことをしているのではないかと疑心暗鬼になります。そこには不安が付きまとうでしょう。心配になります。
特に初心者の方であればそう思うはずです。当然です。

こういう心配もします。「もし、運用する会社が潰れてしまったらどうしたらいいの?」「
急激な変動とはいえ、会社が運用で大きな損失を受けてしまったら?」「社員が着服など、不法行為をしたら取り戻せるの?」です。

そう言った疑念に対して、リスクを分散するように複数の会社に関与させているのです。そうすることで、ある程度信憑性を保持しているというわけなんです。
つまり、販売会社は投資家から預かったお金をそのまま信託銀行に移さなくてはならないのです。そして、信託銀行も情報公開していますから、ちょっとでも変なことになれば分かります。ですから使い込みを行う余地はほとんどありません。
このように、初心者の方でも、投資信託を安心して購入できることになっているのです。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション