初心者が注意すべき投資信託のポイント集とは?

投資信託の初心者が失敗するポイントを基礎を踏まえてご紹介するサイトです。

タイトル 投資信託基準価格とは何か?

投資信託の初心者にとってどういうものがあるか(種類)ある程度理解したら、次はどのようなことを学べばいいんでしょう?それより投資信託に関する用語の意味は理解しましたか?まだまだ知らなければならないことがありますよ。
知っておいた方がいい金融用語はいろいろとあります。文章にすると難解に見えますが、実際はよく経験することが多いです。またそれを説明する用語がわからないとか、どう質問したらいいかわからないなんてこともよくあることです。出てくる単語の意味がわからないとなかなか先へ、前へ進めません。どういう風に知ったらいいのでしょうか。

投資信託初心者としては、用語一つ一つについて、一つずつ理解して行った方がいいでしょう。急がば回れです。
インターネット上で調べると、「○○とは・・・」などとして金融用語集が載っています。いろいろなサイトがあります。
投資信託について解説された用語集は初心者にもわかりやすいです。
そのようないろいろなサイトを見ながら、またはいろいろ検索しながら理解を進めていくといいかもしれませんよ。

投資信託の用語として『基準価格』と言う用語があります。
これは、投資信託の単位である一口当たりに対する時価です。現時点のことです。
平日の営業日ごとに算出されますし、公表されています。

純資産総額を投資信託の時価と言います。
この純資産は、いろんな費用を差し引いて出ます(出ない場合もあります)。投資信託に組み入れられている株や債券などの利息や配当金などは加えられています。運用するためにかかった費用を差し引くことで計算・算出されます。
それを、一口あたりの時価を出すために受益権の総口数で割ります。それが投資信託基準価格なのです。

組み入れられているものが株式だと常に値動きがありますね。常に市場は動いているので変動します。当たり前だと理解できますよね。
債券の場合は、比較すると株式よりは変動は少ないです。安はしていますが、金利水準が変動することで資産価値が変わってきます。
投資信託基準価格も常に変動する、更新するのはそういうわけなのです。

タイトル 初心者が注意すべき投資信託のポイント集:ページ一覧

CFD

おすすめトピック

カテゴリ

リンク

インフォメーション